青空さん 聞いてね♪


32年働いてリタイヤ。ハイキング、読書、映画、ボランティア、忙しくも楽しい日々の雑感。
by reiko-58

明日の記憶

自分でもあれれ!と思うことばかり。
他人事じゃあないよなあ!思いもするけれどケセラセラにしましょ。
その時は「ごめんなさい、よろしくね。」

映画を観たのはレディスディで満員。
チケットを買って、好日山荘を覗いたり、食事をしたりして次回まで待った。
しかし、樋口加奈子さんは女からみても素敵だと思うなあ。
渡邊謙は撮影に合わせて8キロ体重を落としたと新聞記事にあった。
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-23 20:39 | 映画 音楽 読書

福本の大トチノキ

三峰山からの帰りに松阪市飯高町の「福本の大トチノキ」を見に行った。
樹齢1000年、飢饉に備えて村人が大切に守ったと看板にある。
道路から300mの標識だったが、杉植林の山をアップダウンして500m.位はあった。
f0095334_2003922.jpg

途中、
子供の頃から指差しただけで指先が蛇になると教えられ、大嫌いなマムシソウがあった。
見ないようにして歩いていたが「あれっ」まん中にまっ白な玉がついている。
「ユキモチソウ」じゃないかと友人が言うので写真を撮った。
確かに葉先がとがったマムシソウに対して葉がシャクヤクの葉のように丸っこい。
あまりいいのは撮れてないけれど、白く光った感じでまあいいとしよう。
f0095334_201682.jpg

[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-23 20:02 | 山歩き、スポーツ

三つ峰(1235m)

片道3時間の運転の労を頂いて三峰山へ。。
オレンジ色のツツジが咲いていた。ミツバツツジとシロヤシオはまだ蕾。
登山の途中椎茸を見つけた。
確かに椎茸と思うけれど!?と少し気にしながら、翌日味噌汁にした。
その話を火曜日に鍼灸院でしたらメールが来た。
「これで安心して食べます。頂きまあーす。」だって。
f0095334_19565821.jpg

途中、高見山が美しく見えた。
f0095334_19571747.jpg

[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-23 19:58 | 山歩き、スポーツ

赤坂山、大谷山

5月12日
久しぶりの晴れマーク!さあ 山へでかけよう。
5月も半ばなのに、谷間には雪がこんなにたくさん。
f0095334_21364585.jpg

     元気一杯!ブナの若芽。
f0095334_2135113.jpg

    雪解けを待ったよ!花たちの歓声。
f0095334_21374010.jpg
f0095334_213817100.jpg

   ありがとう、元気をいっぱいもらって帰るからね。
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-22 21:38 | 山歩き、スポーツ

後日談、御室桜と原谷苑の花見

 御室桜と原谷苑の花見の話を以前書きました。
88才の参加者があり、御室から成就山を越えて原谷苑まで。
御室桜~ミツバツツジ~枝垂桜と満開の花トンネルをボランティアのスタッフで楽しんだ。
今日、その方と会った。
「私ね、あれで自信がついてね、外国旅行に申し込んだのよ。」。
「あれ」とは4月17日の花見で完歩できたことである。
そして医師にも相談されて台湾旅行を企画。
若い時はハイキングもされていたらしいが、花見がきっかけで自信を取り戻されたらしい。
宛名書きは手書きでなくてもいいのでは?といったけれど、次のウオ―キング参加の条件はボランティアスタッフであること、と言われたから頑張るわ、とも。素敵だなあ。
紅葉の季節、この方が楽しくウオーキングできるコースを考えねば!
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-22 21:26 | 雑記帳

母の日

今日来るの?なんで?何かあったのかな?
ああそうか、花や刺繍(タマにそっくり)やケーキ。
息子も、娘の連れあいも連日深夜まで働いている。
元気なの?大丈夫なの?といつも心配している。
「みんなが元気でいてくれること。仲良し家族でいてくれること。」
それが親孝行のすべて。
でも
考えて見ると子供たちが小さい頃、父親が休日に家にいた事があったっけ。元旦に仕事で留守の時は、余りの淋しさに宝塚ファミリーランドに行ったなあ。
そしたらお客は私たち母子だけ。そんな時もあっての今、本当に感謝している。
      こちらこそ、いつもありがとさん!
f0095334_2184872.jpg
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-22 21:10 | 雑記帳

ゆうくん、コマなし自転車成功!

ゆう君はもうすぐ5才。
そろそろコマなしで自転車に乗りたいと思っている。
今日はお父さんがお休みだ。
やった!と練習始めたけれど、やっぱり怖いよ。
「がんばれ、がんばれ」ってパパはいう。でも、やっぱりやめたい。
「おねがい、コマつけてー。」と泣いた。
「よし、乗れるようになったら、コマつけてやるぞ。」とパパがいうんだ。
「コマをつけてほしくてがんばったよ。」
「よし、片足でけれ、けって、けって」とパパは横を走る、何度も何度も。
「やったじゃないか、えらいじゃないか!」とハァハァしながらパパは
「さあ!コマをつけよう。」って大きな声でいった。
「いらないよ。コマなんか。」
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-22 21:01 | 小さなお客さま

フインランド(1)

ワーグナー作曲オペラ タンホイザー
7月のフインランド旅行中のチケットがとれた。
上演は古城の中庭。オペラは高尚なもので縁がないと思っていた。
しかし、チャンス到来。
さっそく図書館でタンホイザーの本とCDを借りた。
有難いことに、本は学校貸し出し用で中学生くらい、美しい挿絵がついており2時間くらいで読めておよそあらすじが判った。
タンホイザーという吟遊歌人とエリザベート姫の恋。
タンホイザーを愛したブェーヌスという官能の女神。
読みながら、「浦島太郎」みたいだなあと思ってしまった。
CDには第2幕の「大行進曲」があり、聞いたことのある行進曲だった。
最近の友人たちの感心は「オペラの日」の服装についてである。
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-10 21:33 | 旅行

ゲームの達人

バリアフリー研究所、所長の木島英登氏と、ナミビアから南アフリカをドライブ旅行した。
毎日が驚き、興奮、感動の旅だった。
なぜなら、オレンジ色の砂漠、大地が裂けた様な渓谷、サハラに生きる動物、黒人の暮らし、4時間も走り続ける直線の国道、その両側に開ける花の草原、そして蝶と鳥。
見るもの、聞くものがみんな初めてで毎日8~9時間のドライブを続けても、「退屈」という言葉に縁がなかった。
旅行中「ゲームの達人は確かナミビアが舞台の筈ですよ。けがをして入院中のベッドで夢中で読みました。」と云われた。ラグビー中の事故により脊椎損傷を負われたときのことである。
人生の大きな節にありながら、氏を夢中にさせた本を読みたいと思った。
図書館で借りて読み始めるとすぐ夢中になった。
スコットランドの18才の元気なハンサムボーイが主人公。
彼は貧しさから脱却すべく無一文で故郷を離れて、南アフリカからナミビアへ行く。
そこでの波乱万丈、まさに、天に生かされたというような運命のもとに生き残り、ダイアモンドを得て富豪になる。主人公が富豪になる経過、寡婦になった妻のその後の努力と成功。
成功は子孫に受け継がれて経済活動はゲームのごとく展開され、繁栄を極める。ますます一族の繁栄は望まれるが、しかし、、、、。
そのますます繁栄は望まれてきたが、というところからこの小説は始まるのである。
それにしても、海岸の砂浜にダイアモンドがコロコロとは!
現地の人々が、それらを手にできなかったということが、なんだか悲しい。
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-03 16:15 | 映画 音楽 読書

六甲山で春を探しました。

コース: 阪急宝塚駅~バス~船坂橋 10:15~川上滝9:15~石の宝殿10:30~最高峰11:00昼食11:35~縦走路を経て~六甲山ゴルフ分岐~油コブシ~ケーブル下14:15~阪急六甲駅14:35

船坂谷を少し入った広場で体操をして出発。ほどなくミツバツツジのトンネル道になり、山桜や柔らかい緑の葉、若緑が目にまばゆい。
体が勝手に深呼吸をするようです。
川上滝を過ぎてから、なだらかな道や急登急下を繰返して、石の宝殿の下の出合いへ。
途中、オオイワカガミの蕾がたくさんありました。
開花にはあと一週間ほどか残念。
でも、思いがけずきれいなミツバツツジが見られてなんだか得した気分。
最高峰では4輪のコケリンドウを発見、こちらもあと一週間ほどでしょうか。
午後は食後の階段の登り降りを嘆きながら縦走路を歩き、凌雲台でトイレタイム、ゴルフ場の所から油こぶしの下山道となります。
相変わらず階段!若葉に慰められて気が紛れるけれど、夏のコースとして選べないな、と思いながら歩きました。
六甲山駅に着く頃は足裏が悲鳴をあげていました。
ああ、ロングコース!

今日、見つけた花たちは、タチツボスミレ、シハイスミレ、ツボスミレ、ヤマザクラ、センボンヤリ、タムシバ、アシビ、カキトオシ、ショウジョバカマ、ウグイスカグラ、ゴヨウアケビ、ミツバアケビ、そしてコケリンドウとオオイワカガミ。
なかでも気になっていたウグイスカグラは「そうかあ!」と納得できて嬉しかったです。

次は小鳥たち、オオルリ、シジュガラ、ウグイス、ソウシチョウ、ツツドリ。シジュウガラはいろいろな鳴き方をするんだね。
みんな楽しげに嬉しそうに、一生懸命なのが可愛らしい。
花や小鳥に詳しい参加者がいて、いろいろ教えてもらいました。
六甲山は、もうしばらく春爛漫の日々が続きそうです。
[PR]
# by reiko-58 | 2006-05-01 20:45 | 山歩き、スポーツ


カテゴリ
全体
雑記帳
山歩き、スポーツ
旅行
俳句 
映画 音楽 読書
簡単レシピ
健康
小さなお客さま
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
副収入を手に入れて幸せ度..
from ★在宅ビジネスで副収入!幸せ..
田舎暮らし古民家に住む ..
from 田舎暮らし☆夢実現ブログ!(..
蛯原友里 アネッサ@バンク
from 蛯原友里 アネッサ@バンク
『明日の記憶』観て来ました!
from ☆★☆風景写真blog☆★☆..
「海を飛ぶ夢」(スペイン..
from サーカスな日々
ダイエットに本気の方お試..
from ぴーかんバディ・白いんげん・..
古民家の再生法について
from 田舎暮らしは最高!!
意外と知られていなかった..
from トラベラーズチェックおまかせ!
『かもめ食堂』を観て来ま..
from ☆★☆風景写真blog☆★☆..
海を飛ぶ夢
from 映画の缶詰
ライフログ
検索
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧